舶来式折込小刀。

 居合を始めて早くも10年以上経っています。

 稽古をしていてこの頃思うことは、今がちょっとした転換点かな?という感じです。

 制定居合についてはある程度正確に抜けていると思うのですが、先日五段の

方から指摘されたのが、『剣勢』が弱い。

 原因は手の内。

 順手、切り手、止め手をちゃんと意識できていないが為です。

 握りが硬いようです。

 ここら辺の基本的なところをもう一度稽古し直し、自分の居合の形を見つけ

ていかないとダメかなと思っています。

 

 さてさて、本日のご紹介は小刀は小刀でも「舶来式折込小刀」。

 所謂ナイフ、折りたたみナイフです。

 昨日も震度5地震が来てほんとこのところヤバいです。

 コロナもヤバいですが、なんか地震もヤバい。

 その前の地震の時の片づけをちょこちょこしていましたら出てきました。

 そう言えばこんなの買っていました!なんていう物が色々と出てきました。

 その一つがこのナイフ。

f:id:tetuzoukun:20210502223107j:plain
f:id:tetuzoukun:20210502223124j:plain

 

f:id:tetuzoukun:20210502223219j:plain
f:id:tetuzoukun:20210502223234j:plain

 明治時代の輸出用ナイフの復刻版ですね。

 関製で青紙の割り込み鋼を使用しています。

 現代製だけあって出来はいいですよ。

 購入値段は忘れてしまいましたが、それなりにいい値段だったと思います。

 

           f:id:tetuzoukun:20210502223609j:plain

 こんな桐箱いりです。

 

f:id:tetuzoukun:20210502223653j:plain

 説明書です。

 これを読むと関アウトドアナイフショウ10周年記念で限定150本生産とあり

ますから、2003年の発売ですかね?けっこう昔に購入していました。

 まあ150本限定ですのでそれなりに貴重なナイフとなりますでしょうか。

 あの頃は小刀ではなく、ナイフにばかり興味がいっていましたから購入

するのもナイフばかり。

 小刀にはなんというか鉄そのものの良さを感じることができますが、ナイフ

には全体的に華がありますよね。

 今でもなんかきっかけがあるとナイフ本体を購入したり書籍を購入したり

ということもありますが、主体は小刀、というか和式の刃物になっていま

すね。

 鉄の地金の美しさをなんとなく感じられるようになりました。

 


 

横山邦男の小刀?

 ヤフオクで横山邦男さんの小刀が出品されていました。

 横山邦男さんって確か播州三木の鉋鍛冶だったよな、と思いつつ安かったら入札

してみようとウオッチ入れていたのですが・・・・・。

 20,000円超えしましたので止めました。

 横山さんの作品は実物を見たことがなかったので、今回はいいチャンスと思ってい

たのですが、値段的にパス。

 ところがですね。

 “あっ、そう言えば横山邦男さんの小刀を一つ持っていたかも。!!!”

 ゴソゴソとストックを探してみましたら、横山邦男とラベルの張られている箱を発見

しました。

 こんな感じの小刀です。

f:id:tetuzoukun:20210420000851j:plain
f:id:tetuzoukun:20210420000913j:plain

 

f:id:tetuzoukun:20210420000946j:plain
f:id:tetuzoukun:20210420000958j:plain

 

 残念ながらこの小刀、銘が入っていないのです。

 入手先は非常にしっかりとした所ですので、横山邦男さんで間違いないと思うので

すが、ヤフオクに出ていた小刀と比較すると感じが違うのです。

 ヤフオクの小刀は、邦男さんの邦という文字が入っており、あちらはあちらで横山

さんの小刀で間違いないと思うのですが。

 小刀の柄の部分の肌の違いとか違和感があり、横山邦男さんの作品をネットで調べ

みると、切れ味は抜群で、鋼材を色々使っているようですね。

ただし切れ味はいいが、その作りはけっこうザックリした感じで、The実用道具とでも

言えばいいのでしょうか。(この小刀も裏スキ等の作りがザックリしています。)

 更に調べると確かに無銘の鉋とかも在りました。

 そして鋼材に犬首鋼を使った鉋と肌の感じが似ており、私の小刀は横山邦男さんの

犬首鋼を使用したモノかもしれません。

 
 

 

 

三代国慶 鮎の小刀。

 コロナの影響で市民センターとかスポーツ施設が休館となり、居合の稽古も

団体としては4月一杯は休み。

 明らかに稽古不足が目立っている今日この頃、刀を持たずにイメトレとか、

素振りくらいは自宅でもしないといけません。

 

 さて今回は「三代国慶 鮎の小刀。」ということですが、3月末にPayPay祭

なんていうのがあり、ポイント付与率が20%位ありました。

 ネットショップで「三代国慶の鮎の小刀」が販売されており、値段が2万円

代後半、20%位のポイント付与があるならば買ってもいいかと思い、購入し

たのですが、実際三代国慶の小刀ってこの頃値段がかなり上がっています。

 値段だけみれば今回はかなりお買い得。

 で、実物はどうかといいますと・・・・・。

f:id:tetuzoukun:20210410155927j:plain
f:id:tetuzoukun:20210410155942j:plain

  いぶし銀のぽってりした鮎です。

f:id:tetuzoukun:20210410160216j:plain
f:id:tetuzoukun:20210410160202j:plain

 

 毎度のことですがこの刻印が分かりません、なんと刻印されているのでし

ょうか????

 刃金は鑿とかは白紙2号を使用しているようですのでこの小刀もおそらく

同じでしょう。

 

f:id:tetuzoukun:20210410161025j:plain
f:id:tetuzoukun:20210410161041j:plain

 共箱です。

 

 鮎というのは小刀のモチーフとしてはけっこう使われており、色々な鍛冶

屋さんが作っております。

 私の持っている小刀にもこの国慶の小刀の他に、助丸、高木順一、碓氷健吾

野村俊信などがあり、整理してそのうちにご紹介したいと思います。

左市弘の小刀。

 宮城県のコロナがひどい状況になっています。

 県独自の非常事態宣言を出していますが、やはり3.11で全国から人が集まってしま

ったのと、GoToイートをやっちゃったのの影響でしょう。

 会社からも不要不急の外出自粛要請、居合の稽古も当分休みということになり、本日

は家で雑用を色々とやっていました。

 なんとなくフラストレーションが溜まり本日紹介する小刀は私のとっておき!!

 「左市弘の小刀」じゃ~~~。

 

 左市弘・・・・3代目左市弘として山崎正三氏と明倫氏の兄弟が鑿鍛冶として活躍されていましたが、正三氏逝去によって平成18年に廃業。

 現在でも市場には時々鑿が出てくることがありますが、そのクオリティーの高さと

貴重性で値段が半端ないです。

 先代(2代目)の組鑿が、”開運なんでも鑑定団”に出たことがありますがその時の

評価額がなんと300万円!さすがにビックリです。

 そして3代目左市弘の小刀ですが、めったに見ないです。

 元々が鑿鍛冶ですから小刀はそんなに作っていないというのもありますし、在庫

が店舗にあったとしても非売品扱いの所がほとんど。

 実際のところ私が持っている小刀もさるお店の非売品だったのですが、店主のご厚意

で譲っていただくことが出来ました。

 

f:id:tetuzoukun:20210327235116j:plain
f:id:tetuzoukun:20210327235130j:plain

 形がちょっと変わっているかとおもいますが、この小刀はお店から左市弘さんへの

特注品だったそうです。

 店主がこういった形の小刀を作ってほしいと注文して製作された物だそうで、地金

スウェーデン鋼だそうです。

 シンプルな作りですけれど上品で良い品です。

f:id:tetuzoukun:20210327235820j:plain
f:id:tetuzoukun:20210327235808j:plain

 特注品というだけあって値段はそれなりに高額でしたが、左市弘の小刀というだけで

多少無理をしてでも手に入れる価値はあったと思います。

 

 以上、とにかくコロナの終息を願う鉄蔵でした。 

内橋さんの槍鉋。

 先日の地震で本棚がクラッシュしてしまい、変わりの本棚を購入。

 ”お値段以上〇トリ”のCMで有名な家具屋さんに行ってきました。

 値段的にも手頃なのがあり(自分で組み立てるモノですが。)、日にち指定をかけ

て配送を頼んだのですが、指定日がなんと昨日!!!!!

 またまた地震が来て今度は津波注意報も、その時点でまだ未配達、”あっ、こりゃ

ダメなやつかも。”

 と思ったのですが、配送されてきました。

 かなり遅い時間でしたが来ましたよ。

 荷物は二つに分かれていて合わせると30㎏超え、配送業者さんご苦労様です。

 という訳で本日は本棚の組み立て、慣れない作業に苦労しながらなんとか完成。

 完成した本棚に本を入れながら感じたことは、もっと荷物を減らさないと・・・・。

 先日本棚がクラッシュした時、かなり本は捨てたのですがもっともっと物を減らない

とダメですね。

 (刃物関係は捨てません!もちろん。と言うよりも刃物とかの趣味の物を置く場所を

作るためにも余分なモノは捨てねば。断捨離はどうした?と、あまり突っ込まないで

くださいね。)

 

 高齢化が進む鍛冶屋さんのなかで、若手の注目株として私が推すのは圭三郎銘の

内橋圭介さん。

 鉋鍛冶ですが、材料選びから吟味している為非常に寡作です。

 小刀も作ってはいるようですが、数は少なくなかなか市場には出回りません。

 そんな内橋さんの『槍鉋』です。

f:id:tetuzoukun:20210321213811j:plain
f:id:tetuzoukun:20210321213826j:plain

f:id:tetuzoukun:20210321213856j:plain

銘は「内橋」で切られています。

             f:id:tetuzoukun:20210321213957j:plain

 この槍鉋、銘が内橋と切られていることなどから、内橋さんの初期の頃の作ではない

かと思います。

 非常に吟味して作られているようですね。

 内橋さんは鉋がメインの鍛冶ですが、小刀も作ってくれると個人的には嬉しいですね。

岩崎 白引き。

 非常に貴重なモノを入手出来ました。

 小品ですが、素晴らしい品です。

 岩崎重義氏の白引き「有縁」。

f:id:tetuzoukun:20210313212641j:plain
f:id:tetuzoukun:20210313212656j:plain

 

            

              f:id:tetuzoukun:20210313212751j:plain

              f:id:tetuzoukun:20210313212830j:plain

 こちらの白引きは当然ながら岩崎氏本人の作で、親交のあった村松貞次郎氏(あの

道具曼荼羅の著者です。)が東大教授を退官する時に贈った品だそうです。

 その時の目録のコピーを付けていただきました。

   f:id:tetuzoukun:20210313214011j:plain

 目録を見ると13名もの職人の方々が名を連ねておりほんとそうそうたるメンバーで

すよこれは!!!

 説明書きに越前鍛冶とありますが、これはおそらく越後鍛冶の勘違いだと思います。

 岩崎の白引きなんて初めて見たのですが、裏スキもちゃんと岩崎の裏スキになって

いますし、銘切りも当たり前ながら非常に丁寧に切られています。
 「有縁」という銘が付いていますが、今回は縁があって私の下にやって来ました。

 タイミングと縁の偶然の一致でこのような良品を手に入れることができ、本当に

「有縁」に感謝です。

 

千代鶴貞秀・・阿吽です。

 昨日、居合のお稽古をしていて先生から言われたことは、

 「高段者を目指すなら品格のある居合をしなさい。」

 ”品格のある居合”・・・・非常に難しいテーマですよね。

 私の場合、いまだに姿勢が前傾姿勢になっているよと注意されますし、昨日

なんかは同門の方に、

 「鉄蔵さんの場合、技はいいんだけど抜いた後の残心、そして後ろに下がる

時パタパタっとした感じなんですよね。残念なんですよね~~~。」

 ウワ~~ッ、残念な居合になっている!

 稽古日は週一ですから平日の稽古時間をもうちょっと取らないとダメです

ね、こりゃ。

 

 ちょいと凹んでいますが、今回の小刀はすごいですよ!!!

 千代鶴貞秀の小刀、しかも初代の貞秀です。

 

          f:id:tetuzoukun:20210307210648j:plain

           f:id:tetuzoukun:20210307210726j:plain


 左右対の小刀で、「阿吽」、磨き地です。

f:id:tetuzoukun:20210307210921j:plain    f:id:tetuzoukun:20210307211444j:plain

 箱も立派です、平成七年の作ですね。

f:id:tetuzoukun:20210307211750j:plain

表の部分です。
f:id:tetuzoukun:20210307211832j:plain
f:id:tetuzoukun:20210307211843j:plain

 

 裏には「阿吽」の文字がキッチリと刻まれ、一言で言うとカッコいい小刀。

 良いですよねー、本当に良いですね~。

 これだけの出来の小刀にはそうそう出会えません。

 

 小刀というとこういった美術品、工芸品的なモノと、日用品、消耗品として

砥がれて最後は無くなっていく小刀。

 私としては両方とも日本の手道具として魅力があります。

 でも最近、ある刃物屋さんの社長とお話する機会があったのですが、今の

日本では鋼を鍛接して刃物を作ることができる職人さん自体が居なくなりつつ

あるそうです。

 小刀というと利器材を使ってパカパカ作っていくのが主流となり、鍛冶で

使用する鋼材そのものが手に入りにくくなっているとのこと。

 鋼材の生産ロットが大きく個人の鍛冶屋さんでは手に負える量ではないと

のことでした。

 職人さんの高齢化と共に大きな問題ですよね。

 私が和物、特に小刀に興味を持ち集め始めて数年経ちますが、その間、

職人が亡くなったり、色々な理由で廃業したりと日本の鍛冶屋さんがドンドン消えていっています。

 ちゃんとした小刀を入手できるのも今が本当にラストチャンスなのかもしれ

ません。